メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

トリノ「第一次十字軍のロンバルディア人」とミラノの「ドン・パスクワーレ」 1843年初演の2作品を見くらべて

「ロンバルディア人」第1幕、兄弟の和解(前列右がパガーノ役のエスポージト) Ramella&Giannese/Teatro Regio Torino

 すでに80歳に近いジュゼッペ・ヴェルディ(1813‐1901)が書き上げた、千変万化する洗練された音楽に彩られ、悟りの境地にあるかのような洒脱な喜劇「ファルスタッフ」が、ミラノのスカラ座で初演されたのは1893年2月9日のこと。その数日前の2月1日には、ジャコモ・プッチーニ(1858‐1924)の出世作で、近代的なオーケストレーションに支えられた美しく情熱的な音楽があふれる「マノン・レスコー」が、トリノのレージョ劇場で初演されている。この“ニアミス”は歴史のささやかな悪戯のようにも感じられる。

 じつは、似たような新旧のニアミスは1843年にも起きていた。ガエターノ・ドニゼッティ(1797‐1…

この記事は有料記事です。

残り4566文字(全文4866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです