メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

安らぎの音楽、未来へ あす公演、再現に意気込み /徳島

 年末の風物詩、ベートーベンの「交響曲第9番」がアジアで初めて演奏されてから6月1日で100年になる。第1次世界大戦中、鳴門市にあった板東俘虜収容所でドイツ兵らが演奏した。1日に鳴門市で当時を再現する公演を主催する認定NPO「鳴門『第九』を歌う会」の飯原道代副理事長(70)は「100年前にドイツ兵が演奏した第9を未来につないでいきたい」と意気込んでいる。

 鳴門市ドイツ館によると、収容所では1917~20年、中国で日本軍の捕虜となったドイツ兵約1000人…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  3. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  4. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  5. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです