メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

=富山市ガラス美術館で、梅津時比古撮影

 風は野を渡ってくる。地から、空からの息のように感じられるのは、私たちの呼吸と同じく、風が膨らんだり、止まったりするからだろう。

 5月の光が富山の風を透きとおらせていた。連峰の頂を白く光らせている名残の雪が吹き下りてくるのか、風をガラスの気泡のようにきらめかせている。

 オーストラリアの女性のガラス造形作家、ハリー・シュワルツロックが富山市ガラス工芸センターの招きで4月初旬に来日、富山市呉羽町に滞在して制作し、「INHALE(深呼吸)」と題する個展を富山市ガラス美術館で開いた(5月13日終了)。

 ガラスの管の切り口だけのような小さな物から、直径10センチほどの円盤状のガラスをいくつも宙につるし…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1078文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「『ちぇるちぇるらんど』すいません」に玉城知事「デニーズは僕の店…」 表敬訪問 /沖縄
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです