メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立劇場20周年インタビュー

飯守泰次郎・芸術監督<下> 苦労した財政問題 経験重ねレベルアップ 新たな高みに

 今年秋、オープンから20年を迎える新国立劇場のオペラ部門の新旧芸術監督のインタビュー連載の2回目。任期最後の新制作「フィデリオ」の上演を終えた飯守泰次郎・現監督に大野和士・次期監督に託す“未来”について語ってもらった。(宮嶋 極)

――新国立劇場のオペラ部門、21年目の新たな一歩は大野和士・次期監督とともに歩み出すことになりました。大野次期監督に望むことはありますか?

飯守 私としては本当になるべき人が(芸術監督に)なった、とうれしく思っております。これによって新国立…

この記事は有料記事です。

残り2577文字(全文2812文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 熱中症 3連休14人死亡 豪雨被災地、搬送多数
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]