メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

近藤亜香 新時代の「アリス」 バレエ・ブノワ賞にノミネート

ブノワ賞発表を前に、モスクワ・ボリショイ劇場前で記念撮影をする近藤亜香=本人提供

 バレエ界最高峰の年度賞「ブノワ賞」の女性ダンサー部門にノミネートされ、6日、モスクワ・ボリショイ劇場の舞台に立った。受賞には至らなかったが、候補6人に入ることがすなわち「世界屈指」のお墨付きだ。第一報への反応は「誰かが仕掛けた『ドッキリ』?」だったという。候補の中には露ボリショイ・バレエの名花で、長年憧れているスベトラーナ・ザハロワの名も。「それを見て、少しですが自分をほめたくなりました。とうとう私もここまで来たかと」。名古屋市出身の近藤亜香(あこ)。オーストラリア・バレエが誇るプリンシパル(最高位)だ。

 豪シドニーのオペラハウスも世界遺産だが、ボリショイは別格のひのき舞台。巨大さと豪華さに圧倒されたと…

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  2. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  3. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  4. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  5. ザギトワ「大学進学しコーチに」 ロシアTV番組で“引退宣言”

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです