メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

ロシアと日本で活躍するピアニスト 手嶋沙織さん /山口

小さな手で聴衆を魅了 手嶋沙織さん(32)

 鍵盤に触れた瞬間、それまでの柔和な表情が一転した。深く響く重厚な和音。ロシアの作曲家、ラフマニノフ(1873~1943年)の「鐘」だ。「一オクターブしか届かない」という小さな手が紡ぐ旋律が、国内外の聴衆を魅了する。

 演奏活動の中心は日本とロシア。岩国市に生まれ、3歳の頃ピアノを始めた。転校が多く人見知りだったが、ピアノは「遊び場」と「認めてもらえる場所」を与えてくれ、後に9年間滞在するロシアへと導いてくれた…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです