メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・MyWay

わたしの生き方 「ベルばら」とともに 漫画家、声楽家 池田理代子さん

「自分の人生は自分のもの」と語る漫画家の池田理代子さん=東京都千代田区で2018年6月7日、宮間俊樹撮影

 小学1年の時に母が先生に呼び出され、集団になじめず好き勝手なことをしていると注意を受けました。自分の興味あることが、教室の中だけでなく外にもあったからですが、母は「時間をかければちゃんとできる。長い目で見てください」と言ってくれました。

 子どもの頃から空想の物語を作って描くのが好きで、教科書の余白という余白は女の子のスタイル画などで埋まっていたそうです。物語を作りながら道路にろう石で描いた絵を、近所の子が見に来ていましたね。

 4年制大学に進む女性は少なかった時代です。母と高校の先生が父を説得してくれて、1年間だけ学費を出してもらう約束で東京教育大(現在の筑波大)に進学しました。最初は自宅から通っていましたが、当時は学生運動真っただ中で、親のすねをかじって大人の批判はできません。1年の秋に置き手紙をして家出しました。

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  3. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 九州豪雨・被災者の証言 熊本・球磨村その1 「自分の身は自分で守って」未明の防災無線

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです