メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音のかなたへ

静けさを聴き取る

東京都杉並区で、山下浩一撮影

 ニーチェは耳について不思議なことを書いている。

 <私はまだ耳を持っているのか? それともまだ私は耳にすぎないもので、それ以上の何ものでもないのか?>(信太正三訳)

 分かりにくい書きようだが、続けてニーチェが、深い巣窟から聞こえてくる歌と、自分に襲いかかる咆哮(ほうこう)、脅迫とか甲高い叫びとを比べているのを見ると、ニーチェは<まだ耳を持っているのか?>と問いながら、かそけき音を聴き取りたいと望み、反対に<耳にすぎない>と嘆きながら、押し寄せる大きな音に耳を占められまい、としていることが分かる。

 深い巣窟の中から立ちのぼってくる歌を聴くように、世界のかすかな音に聞き耳をたてることで、ニーチェは…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1052文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです