メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

古都にたたずむドイツ文化のエッセンス~ヴァイマル、ドイツ国民劇場

ドイツ国民劇場の外観。正面に立つのはゲーテとシラーの銅像(Foto_Thomas Mueller)

 意外に思われる方もあるかもしれないが、オペラハウスの数が一番多い国はドイツである。

世界のオペラハウスを網羅するサイト「Operabase」によると、ドイツの劇場の数は106(音楽祭などは除く)で、サイトに取り上げられている77カ国のなかで随一。合計の公演数は7062回(2018/17シーズン)にのぼり、これもダントツだ。ドイツは長い間多くの国に分裂し、各地で宮廷や都市が栄えたので、オペラがさかんになった17~18世紀に各地に劇場が造られ、時代とともに地方自治体に引きつがれて今に至っているのである。さらに言えば、このコラムでもご紹介したミュンヘンのバイエルン州立歌劇場のようにもっぱらオペラばかり上演する文字通りの「歌劇場」もあれば、オペラからミュージカルから演劇からなんでもござれの「劇場」もある。中小の都市では、当然ながらなんでも上演する「劇場」が中心だ。けれどそんな「劇場」にもそれぞれ個性があり、地域に根づき、愛されている。ドイツの文化の懐の深さを思い知らされる。

 ドイツ中部の小都市ヴァイマル(ワイマール)は、ドイツを代表する文学者のゲーテやシラーが活躍した文化…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 特集ワイド 国会は「死んだ」のか 議論省略の安倍「全能」政権
  4. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです