メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

新国立劇場の「フィデリオ」 生きているベートーベン=梅津時比古

=寺司正彦撮影

 真理や理想は時代によって変わる。それは日常の経験に照らし合わせると明らかである。ガリレオの時代、真理であった天動説は次の時代に誤りとされた。革命や政変が起こる度にそれまでの時代の理想は否定される。社会の変化に伴い、宗教も思想も変わり続ける。今、私たちが真理と思っているものも、次の時代には誤りとされるだろう。

 ベートーベンが苦心して創作したオペラ「フィデリオ」。政治犯として地下牢(ろう)に幽閉されているフロレスタンを、妻のレオノーレが男装してフィデリオと名乗り、刑務所に入り込んで救出しようとする劇的な筋立てである。ベートーベンの音楽の密度は高いが、交響楽的で、オペラの盛り上がりには欠ける。また権力闘争や愛が絡む物語が、夫婦愛によってすべて救済されることにも、少々違和感を持つ。このオペラの上演の難しいゆ…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです