メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ときにはぶらりと音楽を

アマオケにとって良い指揮者とは

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮するサイモン・ラトル=NHKホールで2005年11月20日、撮影・林喜代種氏

遠藤靖典

 サー・サイモン・ラトルが16年間務めたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(BPh)の 首席指揮者・芸術監督を今年6月に辞し、キリル・ペトレンコが2019年夏からその後を襲う。今年8月に始まる新シーズンは彼の棒で始まるので、ペトレンコによるBPhの新たな時代は今年幕を開けると言っていいだろう。フルトヴェングラー、カラヤン、アバド、ラトルと首席指揮者が交代する度、BPhの音も大きく変わっていった。ペトレンコがBPhからどのような音を出すのか、クラシックファンにとってはさぞかし楽しみなことに違いない。

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のように首席指揮者を置かないオケもあるにはあるが、プロオケのほと…

この記事は有料記事です。

残り2002文字(全文2307文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです