メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

エルガーへの共感伝わる ジョナサン・ノット指揮 東京交響楽団「ゲロンティアスの夢」

Photo by N. Ikegami/TSO

 ジョナサン・ノットが自ら音楽監督を務める東京交響楽団とともに、イギリスを代表する作曲家、エルガーの「ゲロンティアスの夢」を演奏した。ノットはイギリス出身ではあるが、この大作を指揮するのはこの日が初めてであった。満を持しての上演といえよう。

 「ゲロンティアスの夢」は、バーミンガム音楽祭からの委嘱に応えて作曲されたオラトリオ。1900年のバーミンガムでの初演は、準備不足により、失敗に終わったといわれている。しかし、1902年のドイツ公演でリヒャルト・シュトラウスに称賛され、国際的に評価を得る。1903年にロンドンで上演。以来、イギリスでは、ヘンデルの「メサイア」、メンデルスゾーンの「エリア」とともに、三大オラトリオと称されるようになった。

 枢機卿ジョン・ヘンリー・ニューマンの同名の宗教的な詩に基づき、一人の老人(ゲロンティアス:Gero…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. 女の気持ち 反省 熊本県玉名市・立石史子(65歳)
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです