メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

エルガーへの共感伝わる ジョナサン・ノット指揮 東京交響楽団「ゲロンティアスの夢」

Photo by N. Ikegami/TSO

 ジョナサン・ノットが自ら音楽監督を務める東京交響楽団とともに、イギリスを代表する作曲家、エルガーの「ゲロンティアスの夢」を演奏した。ノットはイギリス出身ではあるが、この大作を指揮するのはこの日が初めてであった。満を持しての上演といえよう。

 「ゲロンティアスの夢」は、バーミンガム音楽祭からの委嘱に応えて作曲されたオラトリオ。1900年のバーミンガムでの初演は、準備不足により、失敗に終わったといわれている。しかし、1902年のドイツ公演でリヒャルト・シュトラウスに称賛され、国際的に評価を得る。1903年にロンドンで上演。以来、イギリスでは、ヘンデルの「メサイア」、メンデルスゾーンの「エリア」とともに、三大オラトリオと称されるようになった。

 枢機卿ジョン・ヘンリー・ニューマンの同名の宗教的な詩に基づき、一人の老人(ゲロンティアス:Gero…

この記事は有料記事です。

残り1573文字(全文1945文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです