メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(44)ソ連の仕事Ⅶ 伝説のピアニスト・リヒテル②

1970年10月、初来日の演奏旅行中、新潟のホテルでリヒテルと=村上氏提供

「あなたのヤマハを弾く」

 1970年8月31日午後3時、スヴャトスラフ・リヒテルを乗せたソ連の客船オルジョニキーゼ号が大阪港に入港した。飛行機嫌いのリヒテルは8月10日にシベリア鉄道でモスクワを出発し、途中のオムスク、イルクーツクやハバロフスクなどで演奏会を開き、ナホトカから乗船。計3週間の長旅を経ての初来日だった。妻とともにデッキに姿を現したリヒテルは、出迎えにきた関係者の中に、信頼する日本人調律師の姿を見つけて、安心したようににっこりとほほえんだ。ヤマハのピアノ調律師、村上輝久(88)である。

 村上は、本場で技術を磨くために66年に渡欧。67年、公式調律師として招かれた南仏のマントン音楽祭で…

この記事は有料記事です。

残り3126文字(全文3427文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです