メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

深まる台湾と東北の交流 リュウ・シャオチャと仙台フィルが紡いだ音楽の絆

ドラマティックなシベリウスのフィナーレに聴衆は万雷の拍手を贈った

 仙台フィルハーモニー管弦楽団の第320回定期演奏会に、台湾出身の指揮者、リュウ・シャオチャが登場した。レスピーギの組曲「鳥」とモーツァルトのピアノ協奏曲第9番「ジュノム」に続き、公演後半にはシベリウスの交響曲第2番をドラマティックに展開。圧巻のフィナーレで聴衆を魅了し、存在感を示した。(7月14日・日立システムズホール仙台)。

 2001年から5年間にわたりハノーファー国立歌劇場の音楽総監督を務めたリュウ・シャオチャは、現在フ…

この記事は有料記事です。

残り2969文字(全文3184文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  4. 傷害致死 8歳長男、死なせた疑い 「頭を殴った」父親逮捕 奈良
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです