メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

音楽によるドラマを創造したドニゼッティとベルカントを踏襲したヴェルディ チューリヒの「マリーア・ストゥアルダ」と「ルイーザ・ミラー」を見くらべて

ロベルト(ブレスリク)とエリザベッタ(ファルノッキア) Monika Rittershaus

 ガエターノ・ドニゼッティ(1797~1848年)とジュゼッペ・ヴェルディ(1813~1901年)。生年に16年の開きがあるこの2人の作曲家を、耳に心地よいメロディーを優先し、ドラマとしては無内容なオペラを粗製乱造した先輩と、そんなイタリア・オペラを音楽による深い人間ドラマへと昇華させた後輩、と捉えるむきが、いまなお少なくない。しかし、現実には、ドニゼッティは歌唱重視だったオペラを、劇性を強調する方向へと転換し、ヴェルディはドニゼッティの音楽と志向から大きく影響を受けていた。

 歴史はいつも、真っすぐには進んでいかない。後輩は試行錯誤しながらも、前へ前へと歩を進めようとするが…

この記事は有料記事です。

残り4530文字(全文4820文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです