メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

音楽によるドラマを創造したドニゼッティとベルカントを踏襲したヴェルディ チューリヒの「マリーア・ストゥアルダ」と「ルイーザ・ミラー」を見くらべて

ロベルト(ブレスリク)とエリザベッタ(ファルノッキア) Monika Rittershaus

 ガエターノ・ドニゼッティ(1797~1848年)とジュゼッペ・ヴェルディ(1813~1901年)。生年に16年の開きがあるこの2人の作曲家を、耳に心地よいメロディーを優先し、ドラマとしては無内容なオペラを粗製乱造した先輩と、そんなイタリア・オペラを音楽による深い人間ドラマへと昇華させた後輩、と捉えるむきが、いまなお少なくない。しかし、現実には、ドニゼッティは歌唱重視だったオペラを、劇性を強調する方向へと転換し、ヴェルディはドニゼッティの音楽と志向から大きく影響を受けていた。

 歴史はいつも、真っすぐには進んでいかない。後輩は試行錯誤しながらも、前へ前へと歩を進めようとするが…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです