メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
イタリア・オペラの楽しみ

音楽によるドラマを創造したドニゼッティとベルカントを踏襲したヴェルディ チューリヒの「マリーア・ストゥアルダ」と「ルイーザ・ミラー」を見くらべて

ロベルト(ブレスリク)とエリザベッタ(ファルノッキア) Monika Rittershaus

 ガエターノ・ドニゼッティ(1797~1848年)とジュゼッペ・ヴェルディ(1813~1901年)。生年に16年の開きがあるこの2人の作曲家を、耳に心地よいメロディーを優先し、ドラマとしては無内容なオペラを粗製乱造した先輩と、そんなイタリア・オペラを音楽による深い人間ドラマへと昇華させた後輩、と捉えるむきが、いまなお少なくない。しかし、現実には、ドニゼッティは歌唱重視だったオペラを、劇性を強調する方向へと転換し、ヴェルディはドニゼッティの音楽と志向から大きく影響を受けていた。

 歴史はいつも、真っすぐには進んでいかない。後輩は試行錯誤しながらも、前へ前へと歩を進めようとするが…

この記事は有料記事です。

残り4530文字(全文4820文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです