メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災地に癒やしの調べ

サントリーの支援コンサートを通じ、南三陸の復興を思う

津波により鉄骨がむき出しになった防災対策庁舎。周囲はかさ上げ工事が進む

 7月16日、雲ひとつない夏空に、高台から望む杉林の緑が美しい。この日訪れた宮城県南三陸町は、古くは仙台藩の杉の産地として名高く、林業も盛んだ。震災後、町の高台に建てられた町役場にもふんだんに使われ、杉のお陰なのか、よどみない空気と開放的な空間が心地よい。

 南三陸町は、旧歌津町と旧志津川町が合併しており、それぞれに市街地があった。しかし津波の被害はいずれも広範囲で、市街地はほぼ全滅、商業もほぼ9割がダメージを受けてしまった。たびたび被災地のシンボルとして取り上げられる防災対策庁舎も海寄りの旧市街地にあり、周囲は現在10メートルほどのかさ上げ工事が進む。町役場は山を切り崩した高台へ再建され、医療施設や災害公営住宅も整い、町づくりが行われている。

 この日は町役場の共有スペース「マチドマ」で、サントリーと仙台フィルハーモニー管弦楽団による「みんなのまちのコンサート」が行われた。2016年に両者で始めたこのコンサートは、東日本大震災からの心の復興を目指して、岩手と宮城、福島の3県で開催されている。開催は今回で8回を数え、翌日には町内の志津川小学校も訪問。仙台フィルの山本高史と佐々木亜紀子(ともにヴァイオリン)、御供和江(ヴィオラ)、吉岡知広(…

この記事は有料記事です。

残り1970文字(全文2495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  5. 「給付金、今すぐくれないなら死ぬ」 逮捕された男はなぜ窓口で騒いだのか 孤独と貧困と誤解と

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです