メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台裏へようこそ

照明プランナー 池田智哉

花道横に設置された調光卓の前が、稽古中の池田智哉の仕事場になる=歌舞伎座で、和田大典撮影

古典歌舞伎は影を少なく

 初日を控え、俳優も観客もいない東京・歌舞伎座の場内に、スタッフに指示を下す低音で迫力のある池田智哉の声が響きわたる。舞台に本番さながらに飾られた「八月納涼歌舞伎」の第1部、「花魁(おいらん)草」の序幕第一場「中川の土手」の装置は、調光卓のスイッチで宵闇から明け方へと表情を変化させた。

 1947年東京生まれ。68年の松竹入社後は照明畑一筋に歩んできた。現代の歌舞伎照明の礎を築いた相馬…

この記事は有料記事です。

残り1743文字(全文1947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです