メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチのイチ推し

献呈曲から見るロマン派の作曲家たち アレクセイ・ヴォロディン語る

アレクセイ・ヴォロディン(c) Christophe GREMIOT

 今年で38回目となる世界的なピアノの祭典、南フランスのラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭で8月3日、ロシア出身のアレクセイ・ヴォロディンのリサイタルを聴いた。9月の東京・紀尾井町ホールでも披露される19世紀に活躍したシューマン、ショパン、リストが互いに「献呈」しあった曲ばかりを集めた面白いプログラムだ。ベートーヴェンやプロコフィエフの演奏などで定評があるヴォロディンの分析力、構成力、知的なアプローチが、ロマン派巨匠たちの作品にどんな光をあてるのか。その期待を胸にしたのは私だけではない。会場を埋め尽くした当日の演奏会には、著書「絶対音楽 カルロス・クライバーのリハーサル」でも知られる音楽通のフランスの経済大臣、また文化大臣の2人が、忙しい公務の合間にお忍びで聴きに来ていた。ヴォロディンの演奏を貫いていたのは、情緒を徹底的にコントロールした、知性と感性のせめぎあいだった。演奏会の翌朝、これからカナダ・モントリオールで休暇をとるという出発前に、滞在先ホテルで話を伺うことができた。(斎藤珠里)

 ――経歴を拝見して驚いたのは、ピアノを始めたのが9歳。遅いスタートでしたね。

この記事は有料記事です。

残り2638文字(全文3129文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです