メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

来日 「オネーギン」など今秋上演

(左から)フォーゲル、アマトリアン、デートリッヒ、バデネス、ガニオ=斉藤希史子撮影

 劇的作品の故郷である独シュツットガルト・バレエが今秋来日し、団の十八番「オネーギン」などを上演する。「世界バレエフェスティバル」参加のため東京に滞在していた花形ダンサーらが記者会見に臨み、公演への意気込みを語った。

 20世紀半ばに芸術監督ジョン・クランコの下、人生の哀歓が渦巻く舞台で世界的名声を得たバレエ団。その躍進ぶりは「シュツットガルトの奇跡」ともたたえられた。プーシキンの韻文小説に基づく「オネーギン」は、クランコの代表作。恋心がすれ違う主人公オネーギンとヒロインのタチヤーナは、ダンサーが憧れる役の筆頭となっている。

 フェスティバルでも屈指の名演を見せたフリーデマン・フォーゲルとアリシア・アマトリアンが11月2日、…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです