メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

バイロイト音楽祭 絶賛を浴びるティーレマン 行きすぎた「読み直し」揺り戻す

TPOに厳しいドイツも今年の酷暑に上着を脱ぐ姿が多い=バイロイト祝祭劇場前で、梅津時比古撮影

 作曲家、リヒャルト・ワーグナーの意図を開示する音楽祭として、ワーグナーの楽劇(オペラ)だけを上演するドイツ伝統の「バイロイト音楽祭」。毎夏、ひとつの演目が装いを変え、その新演出が大きな注目を浴びる。バイロイトでの新演出が世界のオペラに「読み直し」の方向性を与えてきたからだ。

 「読み直し」とは、社会学、心理学、哲学、美学、時代のモードなど、現代の先端のさまざまな視点から作品をとらえ直すもの。それによって過去の作品も、「今」の問題として活性化される。バイロイトはその過激なまでの拠点である。

 しかし今夏の音楽祭(7月25日~8月29日)は珍しく演出より音楽(演奏)に話題が集まった。今回のプ…

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1221文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  3. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  4. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  5. 合成麻薬、大麻所持の疑いで中3女子逮捕 「ネット通じ購入」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです