メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

ファンとともに20年 500万人の感動、これからも 沼尻・芸術監督に聞く /滋賀

インタビューに応じる沼尻竜典さん=大津市打出浜のびわ湖ホールで、成松秋穂撮影

 県立芸術劇場「びわ湖ホール」が1998年に大津市打出浜に開館してから、5日で20年を迎えた。西日本で初めて4面舞台を備えた本格的なオペラ専用ホールとして、開館当初から熱狂的なファンが集まり、間もなく「西日本のオペラの殿堂」としての地位を確立した。国や地方の財政危機を受け、存続の危機がうわさされたこともあったが、多くの人の後押しとホールの自助努力によって乗り越え、500万人近い来場者を迎え入れてきた。開館当初から関わりが続く第2代芸術監督、沼尻竜典(りゅうすけ)さん(53)にホールのこれまでとこれからを聞いた。【濱弘明、北出昭】

 --びわ湖ホールは滋賀という場所でどんな役割を果たしてきたのでしょうか

この記事は有料記事です。

残り2043文字(全文2346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 大津市長選、元滋賀県議の佐藤健司氏が初当選 反現職の自民系新人

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 卓球全日本・波乱の結果 東京五輪代表5選手はなぜ勝てなかったのか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです