メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

東日本大震災 さあ前へ、再生誓う音色 大船渡・ストリートピアノ 地元高校生、ペイントで表現

 誰もが自由に弾ける「ストリートピアノ」が、岩手県大船渡市の市防災観光交流センターで温かい音色を響かせている。鹿児島県内の商店主らでつくる街づくり団体「ストリートピアノJAPAN」が、東日本大震災の被災地の復興を音楽の力で後押ししたいと寄贈したアップライトピアノだ。地元の高校生が地域の再生を願うデザインを考案し、外観を塗装した。子どもも大人も鍵盤をたたけば、人の輪ができてゆく。【三瓶杜萌】

 8月29日、センターのピロティでストリートピアノのお披露目式があった。ピアノは6月のセンター全面開館に合わせ、贈られた。漆黒の外観を県立大船渡高校の美術部員らが約1カ月かけてペイントし直し、「世界に1台しかない」ピアノに仕上げた。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1173文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです