メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴れ時々OFF

新鮮!生オケで映画鑑賞

スクリーンの下でオーケストラが演奏するシネマコンサート=Presentation licensed by DISNEY CONCERTS in association with 20th Century Fox, Lucasfilm and Warner/Chappell Music.(c)2018 & TM LUCASFILM LTD. ALL RIGHTS RESERVED (c) DISNEY

 <くらしナビ ライフスタイル>

 近ごろ目にするのが、生演奏付きで映画をフル上映する「シネマコンサート」。目の前にオーケストラがいるのに映画を楽しめるのだろうか。音楽と映像のバランスは? 気になって足を運んだ。

 ●大画面の魅力も

 東京国際フォーラム(東京都千代田区)の大ホールで1日あった「スター・ウォーズinコンサート」。この日は第1作「エピソード4 新たなる希望」(1977年)が上映された。さすが絶大な人気を誇るシリーズだ。封切り当時に生まれていない若い男性グループや、クラシックコンサートには珍しい小学生の姿も少なくない。

 「子どももDVDでは見ているけど、大画面は魅力」と話すのは、9歳、7歳の娘ら家族4人で前橋市から来た松本隆太さん(40)。実は入場料は映画よりずっと高く、家族4人で2万円を超す。「安くはないけど……。子どもが生オーケストラを聞ける良い機会だし」と前を向く。

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです