メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

イタリアにおけるスペイン ボローニャの「ドン・カルロ」とスカラ座の「フィデリオ」を鑑賞して

エリザベッタ(左)とエボリ公女=ボローニャ市立劇場の「ドン・カルロ」で  (c)Rocco Casaluci

 葛藤がドラマを生むとすれば、葛藤が生じる矛盾に満ちた状況はドラマにとって格好の舞台となる。そこに想像力をかき立てるエキゾチックな雰囲気が加われば申し分がなかった。スペインがオペラの舞台に選ばれることが多かったのは、そんな事情と無縁ではない。

 スペインは地理上の“発見”によって広大な領土を獲得した。フェリペ2世(1527‐98)の治世にヨーロッパから新大陸、一部アジアにまで至る「太陽が沈まぬ帝国」を築き、貿易と新大陸で産出する銀のために巨利を獲得した。だが、社会構造は古いままで、産業は次第にイギリスやオランダの近代的なそれに圧倒される。またフェリペ2世はカトリックの盟主を自任し、このため反宗教改革の総本山として、ほかの宗教や宗派を弾圧し、迫害は労働力の衰退にもつながった。カルバン派の新教徒が多いフランドル地方にもカトリックを強要した結果、ネーデルラントの独立を招き、スペインの経済基盤であったフランドル地方と中心都市アントウェルペンを失う(1579年)。そして、ネーデルラントを支持するイギリスを撃つつもりが、無敵艦隊が大敗してからは(1588年)、国際的地位が一気に低下した。

 いったん低下した国力は戻らない。18世紀に入ると、王位継承者の血筋をめぐってイギリス、オランダ、オ…

この記事は有料記事です。

残り4070文字(全文4614文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  2. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
  5. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです