メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

「バイロイト音楽祭2018」リポート㊤

ユーヴァル・シャロンによる発電所をモチーフにしたセット©Bayreuther Festspiele/EnricoNawrath

 ワーグナー作品上演の総本山として世界中のワグネリアン(熱心なワーグナーファン)が仰ぎ見るドイツ・バイロイト音楽祭が7月25日から8月29日までの間、開催された。今年の新制作演目は「ローエングリン」。斬新な舞台作りで知られるアメリカ出身のユーヴァル・シャロンが演出を、指揮は同音楽祭音楽監督のクリスティアン・ティーレマンが担当した。今年のバイロイト音楽祭のリポート初回はこの「ローエングリン」のステージを振り返る。(宮嶋 極)

【バイロイト音楽祭2018 ワーグナー:歌劇「ローエングリン」新制作上演】

この記事は有料記事です。

残り4130文字(全文4380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです