メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

「バイロイト音楽祭2018」リポート㊤

ユーヴァル・シャロンによる発電所をモチーフにしたセット©Bayreuther Festspiele/EnricoNawrath

 ワーグナー作品上演の総本山として世界中のワグネリアン(熱心なワーグナーファン)が仰ぎ見るドイツ・バイロイト音楽祭が7月25日から8月29日までの間、開催された。今年の新制作演目は「ローエングリン」。斬新な舞台作りで知られるアメリカ出身のユーヴァル・シャロンが演出を、指揮は同音楽祭音楽監督のクリスティアン・ティーレマンが担当した。今年のバイロイト音楽祭のリポート初回はこの「ローエングリン」のステージを振り返る。(宮嶋 極)

【バイロイト音楽祭2018 ワーグナー:歌劇「ローエングリン」新制作上演】

この記事は有料記事です。

残り4130文字(全文4380文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  4. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです