メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

荒れた思春期とサックスと…誰も知らない音色を生み出す気鋭の奏者・上野耕平に密着!

9月16日放送の「情熱大陸」から

[PR]

 皆さんはサックスといえばどんなイメージをお持ちだろうか?

     ジャズや吹奏楽を思い浮かべる方が多いだろうが、そのイメージを根底から覆し、他の誰も真似の出来ない音色で「クラシック」を奏でるサックス奏者として注目を集めている上野耕平が、ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、9月16日夜11時~11時半)に登場する。

     現在26歳の上野は、東京芸大在学中に国内で数々の受賞を重ね22歳でプロデビュー。3年前世界最高峰のコンクール「アドルフ・サックス国際コンクール」で世界2位となりその名を世界に轟かせた。

     一見すると順調なキャリアを築いてきたかのように見えるが、実は中学時代、荒れに荒れた少年だったという。通知表は「オール1」、やんちゃな性格から学校ともめ事ばかり起こしていたが、サックスの練習だけは絶対に欠かさなかったという。

     そんな上野が今、個人的な活動として熱を入れているのが中学や高校の吹奏楽部でサックスを教えることだ。上野いわく「(中高の吹奏楽部の)金賞を目指すだけのコンクール至上主義を変えたい。卒業後にわかりやすい目標がないせいで、能力はあるのに楽器をやめてしまう若者がゴマンといる現状に、音楽の未来はない」

     思春期時代は部活に所属することなく一匹狼でサックスと向き合い続けて来た上野だったが、世界に認められる音楽家となった今だからこそ、自らが持つこだわりを積極的に後進に伝えたいと感じているという。

     番組では上野が中高生に熱心な指導を続ける様子や、サックスの4重奏(ソプラノ・アルト・テナー・バリトン)での新曲づくりに挑む姿に密着。誰もが知っている童謡などを、誰も聞いたこともない美しい旋律に生まれ変わらせていく見事な手腕も余すところなくお伝えする。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

    2. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

    3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

    4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

    5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです