メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

草津で聴くドビュッシー 天と人を往き来する響き=梅津時比古

=林喜代種撮影

 今年はドビュッシーの没後100年に当たる。草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルにいくつも組まれた講師によるコンサートにも、ドビュッシーの曲がちりばめられていた。

 そのひとつ、チェコを本拠とするパノハ弦楽四重奏団が、ドビュッシーの《弦楽四重奏曲ト短調》を弾き始めたとき、古いLPの音盤がゆらめくような音に聞こえた(8月19日、草津音楽の森国際コンサートホール)。

 分離のはっきりしたCDの音になれていると驚くが、パノハのひとりひとりの音が溶け合い、不思議な、優し…

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1191文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです