メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

ピアノ主役“ピノ”シリーズ ロッシーニ没後150年 11月23日 /滋賀

 2013年に、“ピノ”と名付けられた温かな木の色合いの可愛らしいピアノがびわ湖ホールにやってきました。このピアノは世界的指揮者であり、びわ湖ホール初代芸術監督の故・若杉弘氏が自宅で愛用していたものです。

 このピアノを主役にしたコンサート、“ピノ”シリーズが5回目を迎えます。このシリーズでは、これまでオペラやミュージカル、林光や武満徹、サティといった作曲家など、さまざまな音楽を取り上げてきました。

 今年はイタリア・オペラを代表する作曲家ロッシーニの没後150年にあたり、びわ湖ホール声楽アンサンブ…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです