メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

「バイロイト音楽祭2018」リポート㊦

表情豊かな歌唱と演技を披露したザックス役のミヒャエル・フォレ(左)とベックメッサーを演じたヨハネス・マルティン・クレンツレ © Bayreuther Festspiele/Enrico Nawrath

 今年のバイロイト音楽祭(7月25日から8月29日)のリポート後編は昨年新制作された「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(フィリップ・ジョルダン指揮、バリー・コスキー演出)の再演のステージを中心に報告する。

(宮嶋 極)

【バイロイト音楽祭2018 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」再演】

 今年のバイロイト音楽祭は7月25日に「ローエングリン」の新制作上演で開幕。再演演目は「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、「パルジファル」(セミョン・ビシュコフ指揮、ウーヴェ・エリック・ラウフェンベルク演出)、「トリスタンとイゾルデ」(クリスティアン・ティーレマン指揮、カタリーナ・ワーグナー演出)、「さまよえるオランダ人」(アクセル・コーバー指揮、ヤン・フィリップ・グローガー演出)、「ワルキューレ」(プラシド・ドミンゴ指揮、フランク・カストロフ演出)の5作品。計6演目32回の公演に世界各国から6万2000人以上の観客・聴衆が訪れ、チケットは完売するなど例年同様の盛況ぶりを見せた。

 バイロイト音楽祭では毎年1作品が新たな演出によって新制作され(楽劇4部作からなる「ニーベルングの指…

この記事は有料記事です。

残り2569文字(全文3062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです