メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

東京交響楽団音楽監督 ジョナサン・ノット インタビュー㊤

東京交響楽団を指揮するジョナサン・ノット (C) N. Ikegami/TSO

 英国の指揮者ジョナサン・ノットが音楽監督を務める東京交響楽団とともに2016年から進めてきたモーツァルト作曲、ダ・ポンテ台本による三つのオペラ、いわゆる「ダ・ポンテ三部作」の演奏会形式によるシリーズ上演が、今年12月の「フィガロの結婚」で完結する。これまで上演してきた「コジ・ファン・トゥッテ」「ドン・ジョヴァンニ」は、譜面の深読みに基づいたノットの清新な解釈と、作曲家在世当時のスタイルを再現するピリオド奏法の要素を取り入れた演奏によって、作品の新たな魅力に光を当てたことで、大きな話題を集めてきた。そこで最終回となる「フィガロの結婚」の公演を前にその聴きどころやシリーズの狙いなどについてノットに聞いた。

この記事は有料記事です。

残り3302文字(全文3607文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです