メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラシックナビ インタビュー

東京交響楽団音楽監督 ジョナサン・ノット インタビュー㊤

東京交響楽団を指揮するジョナサン・ノット (C) N. Ikegami/TSO

 英国の指揮者ジョナサン・ノットが音楽監督を務める東京交響楽団とともに2016年から進めてきたモーツァルト作曲、ダ・ポンテ台本による三つのオペラ、いわゆる「ダ・ポンテ三部作」の演奏会形式によるシリーズ上演が、今年12月の「フィガロの結婚」で完結する。これまで上演してきた「コジ・ファン・トゥッテ」「ドン・ジョヴァンニ」は、譜面の深読みに基づいたノットの清新な解釈と、作曲家在世当時のスタイルを再現するピリオド奏法の要素を取り入れた演奏によって、作品の新たな魅力に光を当てたことで、大きな話題を集めてきた。そこで最終回となる「フィガロの結婚」の公演を前にその聴きどころやシリーズの狙いなどについてノットに聞いた。

この記事は有料記事です。

残り3302文字(全文3607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

  2. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  3. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  4. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです