メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

東京交響楽団音楽監督 ジョナサン・ノット インタビュー㊤

東京交響楽団を指揮するジョナサン・ノット (C) N. Ikegami/TSO

 英国の指揮者ジョナサン・ノットが音楽監督を務める東京交響楽団とともに2016年から進めてきたモーツァルト作曲、ダ・ポンテ台本による三つのオペラ、いわゆる「ダ・ポンテ三部作」の演奏会形式によるシリーズ上演が、今年12月の「フィガロの結婚」で完結する。これまで上演してきた「コジ・ファン・トゥッテ」「ドン・ジョヴァンニ」は、譜面の深読みに基づいたノットの清新な解釈と、作曲家在世当時のスタイルを再現するピリオド奏法の要素を取り入れた演奏によって、作品の新たな魅力に光を当てたことで、大きな話題を集めてきた。そこで最終回となる「フィガロの結婚」の公演を前にその聴きどころやシリーズの狙いなどについてノットに聞いた。

この記事は有料記事です。

残り3302文字(全文3607文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ザギトワ選手おとがめなし 無免許運転の捜査終了
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  4. 2019参院選 選択の現場から/下 性的少数者支援 「多様な社会」どう実現 議論深化に当事者期待 /埼玉
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです