メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ顔負けの活動を行っている大学オケも

遠藤靖典

 以前アマオケ(アマチュアオーケストラ)のことについて、何回かに分けて書いたが、さて、どのような経歴(もちろん楽器やオケの経験のこと)の持ち主がアマオケを楽しんでいるのであろうか?

 社会人になってから楽器を始め、一緒に演奏した方が楽しいのでアマオケに入った、という人もある程度いよう。しかし、大多数はほぼ間違いなく学生の頃からオケをしている。中には筆者のように、中学高校からオケで弾いていました、という人もいるが、「学生の頃から」という場合には、そのほとんどが大学であろう。かくして、アマオケ界における出身大学オケの影響は非常に強くなる。そこで今回は学生オケ、特に大学オケの話を。

 大学オケの正確な定義はない。各大学によってクラブやサークルの扱い方が違うからである。大学公認の団体もあれば、そうでない場合もある。単一の大学名を冠することが多いが、複数の大学の名前を冠する場合もある。単一の大学生だけで構成する場合もあれば、そうでない場合もある。しかし、メンバーの大半が大学生であることに異論はなかろう。そこでここでは簡単に、「大学名を冠し、原則大学生で構成されているアマチュアオー…

この記事は有料記事です。

残り2117文字(全文2611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  3. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです