メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

ベルリン・フィル ヴァイオリン・アンサンブル

精鋭たちが集うベルリン・フィル ヴァイオリン・アンサンブル

[PR]

 世界最高峰のオーケストラのひとつとして注目を集めるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリン奏者10人とピアノによるユニークなアンサンブルが、宮城道雄の「春の海」のヴァイオリン・アンサンブル版の初演を行う。これは10月10日に紀尾井ホールで開催される同アンサンブルの来日公演で、ヴィヴァルディやJ.S.バッハら彼らにとって十八番ともいえる作品を組み合わせたプログラムのメインとして、宮城道雄の筝曲(そうきょく)「春の海」を演奏するもの。

     

    このアンサンブルはベルリン・フィルの第1ヴァイオリンのメンバーであるラウレンティウス・ディンカを中心に1993年に結成された。94年から本格的に公演活動を開始し、これまで地元ベルリンはもとより、フランス、スペインなどヨーロッパ各地や日本、南米などで公演を重ね、ベルリン・フィル同様の厚みのある深い響きと完璧なテクニックをベースに幅広いジャンルの作品を取り上げ、高い評価を得ている。

    「春の海」は日本の正月を象徴する名曲として知られている。筝曲家の宮城が瀬戸内海を旅した際、のどかな春の海から得たインスピレーションをモチーフにして作曲。32年、フランスのヴァイオリニスト、ルネ・シュメーが来日した際、格調高い曲想に感銘を受け、ヴァイオリンで演奏したい、との希望を宮城に伝えたことをきっかけに宮城の琴とシュメーのヴァイオリンによる「春の海」が日比谷公会堂で演奏されることになったエピソードもよく知られている。これによって世界的にも親しまれる曲となり、今回、ベルリン・フィルのメンバーもこの作品の芸術性の高さを認め、新たなヴァイオリンとピアノのアンサンブル版として初演されることになった。元々は琴と尺八で演奏されるこの作品がベルリン・フィルの腕利きメンバーによってどのように生まれ変わるのか、興味は尽きない。

    公演データ

    【ベルリン・フィル ヴァイオリン・アンサンブル】

    10月10日(水)19:00 紀尾井ホール(東京都千代田区)

    14日(日)14:00 やかげ文化センターホール(岡山県矢掛町)

    演奏:ベルリン・フィル ヴァイオリン・アンサンブル

    バッヘルベル:「カノン」

    J.S.バッハ「G線上のアリア」

    アルビノーニ:「アダージョ」

    ヴィヴァルディ:合奏協奏楽集「調和の霊感」ニ短調op.3 No.11 RV565

    ヴィヴァルディ :合奏協奏楽集「調和の霊感」イ短調op.3 No.8 RV522

    プッチーニ:「オペラ組曲」

    チャイコフスキー:「くるみ割り人形組曲」

    ドビュッシー:「月の光」

    ブラームス:「三つのハンガリー舞曲」

    宮城道雄「春の海」(世界初演)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

    2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    3. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

    4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

    5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです