メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

前時代へのオマージュを巧みに表現 鈴木優人指揮仙台フィル 第321回定期

仙台フィル定期に初めて登場した鈴木優人

 鈴木優人が仙台フィルハーモニー管弦楽団の定期公演で初めてタクトを振った。鈴木といえば鍵盤奏者としても知られるが、知識に裏付けされた構築力とずば抜けた音楽センスは聴き手を魅了し、もはや活躍の場はそれにとどまらない。演出家、作曲家、そして指揮者として活躍し、先ごろ、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の首席指揮者への就任も発表された。

 その鈴木が初の仙台フィル定期の舞台に選んだのは、J・S・バッハを軸に前時代への憧憬(しょうけい)や…

この記事は有料記事です。

残り2510文字(全文2728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです