メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

前時代へのオマージュを巧みに表現 鈴木優人指揮仙台フィル 第321回定期

仙台フィル定期に初めて登場した鈴木優人

 鈴木優人が仙台フィルハーモニー管弦楽団の定期公演で初めてタクトを振った。鈴木といえば鍵盤奏者としても知られるが、知識に裏付けされた構築力とずば抜けた音楽センスは聴き手を魅了し、もはや活躍の場はそれにとどまらない。演出家、作曲家、そして指揮者として活躍し、先ごろ、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の首席指揮者への就任も発表された。

 その鈴木が初の仙台フィル定期の舞台に選んだのは、J・S・バッハを軸に前時代への憧憬(しょうけい)や…

この記事は有料記事です。

残り2510文字(全文2728文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. グルメ 機動戦士ガンダム40周年記念!ガンダムオフィシャルカフェ『GUNDAM Café』が大阪・道頓堀の大地に立つ!(GetNavi web)
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  4. NGT48暴行問題会見 一問一答
  5. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです