メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラシックナビ インタビュー

東京交響楽団音楽監督 ジョナサン・ノット インタビュー㊦

東京交響楽団とは抜群の相性で、名演を披露し続けるジョナサン・ノット (C)大窪道治/TSO

 今年12月に上演される「フィガロの結婚」をもって、東京交響楽団と進めてきたモーツァルト作曲、ダ・ポンテ台本による三つのオペラ、いわゆる「ダ・ポンテ三部作」の演奏会形式によるシリーズを完結させる同団音楽監督のジョナサン・ノット。東響との契約を2026年まで延長するなど両者はまさに相思相愛の関係を築いている。そんなノットのインタビュー後編は、世界中の名門オーケストラから引く手あまたの彼に東響との現在、そして未来について語ってもらった。

この記事は有料記事です。

残り3598文字(全文3816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  4. 東京都 感染拡大防止協力金に最大100万円 休業要請の事業者に

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです