メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラシックナビ インタビュー

東京交響楽団音楽監督 ジョナサン・ノット インタビュー㊦

東京交響楽団とは抜群の相性で、名演を披露し続けるジョナサン・ノット (C)大窪道治/TSO

 今年12月に上演される「フィガロの結婚」をもって、東京交響楽団と進めてきたモーツァルト作曲、ダ・ポンテ台本による三つのオペラ、いわゆる「ダ・ポンテ三部作」の演奏会形式によるシリーズを完結させる同団音楽監督のジョナサン・ノット。東響との契約を2026年まで延長するなど両者はまさに相思相愛の関係を築いている。そんなノットのインタビュー後編は、世界中の名門オーケストラから引く手あまたの彼に東響との現在、そして未来について語ってもらった。

この記事は有料記事です。

残り3598文字(全文3816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです