メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

下蒲刈の美術館が結ぶ縁――シュトイデ弦楽四重奏団がミニコンサートを開催

2014年11月に蘭島閣美術館のギャラリーコンサートへ出演したシュトイデ弦楽四重奏団

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター、フォルクハルト・シュトイデを中心としたシュトイデ弦楽四重奏団が10月23日、広島県の呉市立下蒲刈中学校で児童とその保護者を対象としたミニコンサートをひらく。シュトイデ弦楽四重奏団といえば、第1ヴァイオリンのシュトイデをはじめ、第2ヴァイオリンのアデラ・フレシネアヌ(ホルガー・グローに代わり出演)、ヴィオラのエルマー・ランダラー、チェロのヴォルフガング・ヘルテルらメンバー全員がウィーン・フィルで活躍しており、ウィーンの伝統を受け継ぐアンサンブルとして高い水準を誇っている。今回4年ぶりに来日し、東京での公演ほか広島県内を訪れ、20日には呉市文化ホール、21日に安芸太田町のあきおおた国際音楽祭へ参加するが、この下蒲刈中学校でのコンサートはいわばボランティアだ。じつは中学校が位置する下蒲刈島と彼らには、島の美術館が紡いだ縁があった。

 瀬戸内海に浮かぶ小さな島、下蒲刈島は、かんきつ類やいちごなどの栽培が盛んな人口1400人あまりのの…

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1583文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. ORICON NEWS 逆ナンにハマる肉食女子や“やっちゃう系”のヅカ女子に密着
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです