メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

下蒲刈の美術館が結ぶ縁――シュトイデ弦楽四重奏団がミニコンサートを開催

2014年11月に蘭島閣美術館のギャラリーコンサートへ出演したシュトイデ弦楽四重奏団

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター、フォルクハルト・シュトイデを中心としたシュトイデ弦楽四重奏団が10月23日、広島県の呉市立下蒲刈中学校で児童とその保護者を対象としたミニコンサートをひらく。シュトイデ弦楽四重奏団といえば、第1ヴァイオリンのシュトイデをはじめ、第2ヴァイオリンのアデラ・フレシネアヌ(ホルガー・グローに代わり出演)、ヴィオラのエルマー・ランダラー、チェロのヴォルフガング・ヘルテルらメンバー全員がウィーン・フィルで活躍しており、ウィーンの伝統を受け継ぐアンサンブルとして高い水準を誇っている。今回4年ぶりに来日し、東京での公演ほか広島県内を訪れ、20日には呉市文化ホール、21日に安芸太田町のあきおおた国際音楽祭へ参加するが、この下蒲刈中学校でのコンサートはいわばボランティアだ。じつは中学校が位置する下蒲刈島と彼らには、島の美術館が紡いだ縁があった。

 瀬戸内海に浮かぶ小さな島、下蒲刈島は、かんきつ類やいちごなどの栽培が盛んな人口1400人あまりのの…

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです