メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

ローザンヌ・バッハ・フェスティバル

フェスティバルの芸術監督を務める小糸恵

 1997年にスイスで創設され、今年で21回目を迎えた「ローザンヌ・バッハ・フェスティバル」が11月2日から25日まで開かれる。ローザンヌを拠点に活動する国際的なオルガニスト、小糸恵が芸術監督を務め、古楽演奏のスペシャリストたちが競って集うフェスティバルに成長した。小糸に今年の聴きどころなどを聞いた。(野宮珠里)

 同フェスティバルでは、毎年ユニークなテーマを掲げ、単にJ・S・バッハの作品を演奏するだけではなく、…

この記事は有料記事です。

残り2881文字(全文3088文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  5. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです