メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利
必聴!

ローザンヌ・バッハ・フェスティバル

フェスティバルの芸術監督を務める小糸恵

 1997年にスイスで創設され、今年で21回目を迎えた「ローザンヌ・バッハ・フェスティバル」が11月2日から25日まで開かれる。ローザンヌを拠点に活動する国際的なオルガニスト、小糸恵が芸術監督を務め、古楽演奏のスペシャリストたちが競って集うフェスティバルに成長した。小糸に今年の聴きどころなどを聞いた。(野宮珠里)

 同フェスティバルでは、毎年ユニークなテーマを掲げ、単にJ・S・バッハの作品を演奏するだけではなく、…

この記事は有料記事です。

残り2881文字(全文3088文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです