メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

インタビューでつづる没後150年のロッシーニ・オペラ・フェスティバル① フローレス出演「リッチャルドとゾライデ」の愉悦

「リッチャルドとゾライデ」のゾライデ(イェンデ)とアゴランテ(ロマノフスキー) (C) Amati Bacciardi

香原斗志

 ロッシーニ没後150年の今年は、作曲家の生地である中部イタリアのペーザロで毎夏開催されるロッシーニ・オペラ・フェスティバル(ROF)も、例年以上に力が入っていた。中心となった3演目はオペラ・セリア「リッチャルドとゾライデ」、1幕のファルサ「アディーナ」、そして「セビリャの理髪師」。いずれも、歌手は同地のロッシーニ・アカデミー出身者から初登場組まで、若手とベテランがバランスよく配置され、今後のオペラ界をけん引すると確信しうる逸材も散見された。指揮者や演出家も適材適所で起用され、記憶に残る上演となった。

 ROFの芸術監督は2016年、その翌年に亡くなったアルベルト・ゼッダから、往年の名ロッシーニ歌手(…

この記事は有料記事です。

残り3252文字(全文3560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです