メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

天守閣の下の《トスカ》 ピアニッシモの激情=梅津時比古

=梅津時比古撮影

 名古屋城の天守閣の下に広い仮設舞台がしつらえられ、教会の内部がセットされていた。夕闇、あるいは曇りなのか、灰色の空に思いがけず引き立つ金のしゃちほこが一対、表面に水が流れるような輝きを見せている。雨の天気予報もあり、つい目が空へ向かう。

 仮設舞台の下をピットにした吉田裕史指揮ボローニャ・フィルハーモニー管弦楽団がオペラ《トスカ》の冒頭、野外とは思えない圧力のフォルティッシモを響かせた(9月8日)。城と教会を接合した若干の違和感が吹き飛んだ。

 吉田は「このオペラは、最後も《全力で》という指示のフォルテで終わるのです」とプログラムの対談で語っ…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1212文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです