メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

天守閣の下の《トスカ》 ピアニッシモの激情=梅津時比古

=梅津時比古撮影

 名古屋城の天守閣の下に広い仮設舞台がしつらえられ、教会の内部がセットされていた。夕闇、あるいは曇りなのか、灰色の空に思いがけず引き立つ金のしゃちほこが一対、表面に水が流れるような輝きを見せている。雨の天気予報もあり、つい目が空へ向かう。

 仮設舞台の下をピットにした吉田裕史指揮ボローニャ・フィルハーモニー管弦楽団がオペラ《トスカ》の冒頭、野外とは思えない圧力のフォルティッシモを響かせた(9月8日)。城と教会を接合した若干の違和感が吹き飛んだ。

 吉田は「このオペラは、最後も《全力で》という指示のフォルテで終わるのです」とプログラムの対談で語っ…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1212文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  3. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も
  4. 「ポスト安倍」 足場作り模索 「選挙考えれば本命」と進次郎氏への期待も
  5. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです