メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
新・コンサートを読む

天守閣の下の《トスカ》 ピアニッシモの激情=梅津時比古

=梅津時比古撮影

 名古屋城の天守閣の下に広い仮設舞台がしつらえられ、教会の内部がセットされていた。夕闇、あるいは曇りなのか、灰色の空に思いがけず引き立つ金のしゃちほこが一対、表面に水が流れるような輝きを見せている。雨の天気予報もあり、つい目が空へ向かう。

 仮設舞台の下をピットにした吉田裕史指揮ボローニャ・フィルハーモニー管弦楽団がオペラ《トスカ》の冒頭、野外とは思えない圧力のフォルティッシモを響かせた(9月8日)。城と教会を接合した若干の違和感が吹き飛んだ。

 吉田は「このオペラは、最後も《全力で》という指示のフォルテで終わるのです」とプログラムの対談で語っ…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1212文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです