メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ひとつの感情からぬけ出せないと苦しい。こだわっては状況がさらに悪化することを本人が一番分かっている。プッチーニのオペラ3部作の第1作《外套》は、とらわれた感情に焦点を当てる。

 船長のミケーレ(今井俊輔)は、妻のジョルジェッタ(文屋小百合)の気持ちが自分から離れようとしているのに気づく。彼女に新しい男・ルイージ(芹澤佳通)ができたからに違いない。状況を冷静に判断するなら、彼女の中の船長のイメージを傷つけないために、すっぱり彼女から身を引いたほうがいい。醜い争いも起こらないだろう。だが彼は、無駄と分かっていながら、ジョルジェッタと愛し合って幸せであった過去の思い出を持ち出して語りかける。

 9月に東京・新国立劇場で上演されたミキエレット演出による二期会の舞台は、冒頭、波止場のようなコンテ…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1119文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  5. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです