メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音のかなたへ

コンテナと修道院

 ひとつの感情からぬけ出せないと苦しい。こだわっては状況がさらに悪化することを本人が一番分かっている。プッチーニのオペラ3部作の第1作《外套》は、とらわれた感情に焦点を当てる。

 船長のミケーレ(今井俊輔)は、妻のジョルジェッタ(文屋小百合)の気持ちが自分から離れようとしているのに気づく。彼女に新しい男・ルイージ(芹澤佳通)ができたからに違いない。状況を冷静に判断するなら、彼女の中の船長のイメージを傷つけないために、すっぱり彼女から身を引いたほうがいい。醜い争いも起こらないだろう。だが彼は、無駄と分かっていながら、ジョルジェッタと愛し合って幸せであった過去の思い出を持ち出して語りかける。

 9月に東京・新国立劇場で上演されたミキエレット演出による二期会の舞台は、冒頭、波止場のようなコンテ…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1119文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです