メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クトゥーゾフの窓から

日露の架け橋を(1)半世紀前の声楽家の思いを実現 日本題材のオペラがロシアで初演

 日本とロシアを題材にしたオペラを作り、ロシアの劇場で上演したい--。半世紀も前に日本の声楽家が抱いた思いを踏まえ、遺族や日本人歌手が協力し、10月末に公演が実現した。当日には予期せぬ客も現れて、関係者は作品が取り持つ縁に感慨深げだった。

 モスクワの劇場ドーム・ムージキで10月30日、オペラ作品「光太夫」が上演された。江戸時代後期の18世紀後半に起きた史実に基づく作品である。運搬船船頭の大黒屋光太夫(だいこくや・こうだゆう)とその一行が漂流して帝政ロシアにたどり着き、足かけ10年の苦難の末に帰国するまでを描いている。約100分の作品が幕を閉じると、場内は歓声に包まれた。

この記事は有料記事です。

残り1965文字(全文2253文字)

大前仁

モスクワ支局記者 1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです