メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

ハーゲン弦楽四重奏団ら、ルツェルンの仲間が室内楽公演

後半に出演したハーゲン弦楽四重奏団

 ハーゲン弦楽四重奏団(ハーゲンQ<カルテット>)や吉井瑞穂(オーボエ)、鈴木大介(ギター)らが一堂に会した「ルツェルン祝祭管弦楽団のメンバーらによる室内楽の調べ~ハーゲン弦楽四重奏団と仲間たち~」が10月14日、福島市音楽堂大ホールで行われた。

 ハーゲンQや吉井ら名手ぞろいのルツェルン祝祭管弦楽団。彼らが集うルツェルン国際音楽祭(ルツェルン・フェスティバル)は通常スイスのルツェルンで行われるが、2015年には東日本大震災の復興支援の一環として、移動式のバルーン型ホールを用いた「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ2015 in福島」を同地で開催した。また鈴木はこの前年に「アーク・ノヴァ」が仙台で行われた際出演しており、今回その縁から彼らの〝仲間〟として参加することになった。さらに福島市は20年東京五輪・パラリンピックにおけるスイスのホストタウンでもある。今回はこれを記念してジャン・フランソワ・パロ駐日スイス大使も招かれ、友好ムードの中コンサートが開演した。

 公演前半は吉井と鈴木のデュオ。フラウト・トラヴェルソ(フルート)とチェンバロのための作品、J・S・…

この記事は有料記事です。

残り1832文字(全文2321文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  5. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです