メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

プレガルディエンとゲースの歌曲 音が言葉に、言葉が音に=梅津時比古

 私は見た。一本の菩提樹(ぼだいじゅ)の枝の上から、雪がひとひら、ひとひら降り落ちてくるのを。そのまま積もってゆくのだろうか。

 それとも、遠目に雪に見えるものは、菩提樹の白い花びらだろうか。

 目の前の、少し遠くの舞台にいるのはテノールのクリストフ・プレガルディエンとピアノのミヒャエル・ゲースである。パルテノン多摩大ホールの「究極のドイツ・リート」で彼らは演奏している(6日)。

 ブラームス《君の青い瞳》で始まったリサイタルは、大ホールの広々とした音の空間に溶け込んで、舞台とい…

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1176文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  3. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も
  4. 「ポスト安倍」 足場作り模索 「選挙考えれば本命」と進次郎氏への期待も
  5. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです