メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
新・コンサートを読む

プレガルディエンとゲースの歌曲 音が言葉に、言葉が音に=梅津時比古

 私は見た。一本の菩提樹(ぼだいじゅ)の枝の上から、雪がひとひら、ひとひら降り落ちてくるのを。そのまま積もってゆくのだろうか。

 それとも、遠目に雪に見えるものは、菩提樹の白い花びらだろうか。

 目の前の、少し遠くの舞台にいるのはテノールのクリストフ・プレガルディエンとピアノのミヒャエル・ゲースである。パルテノン多摩大ホールの「究極のドイツ・リート」で彼らは演奏している(6日)。

 ブラームス《君の青い瞳》で始まったリサイタルは、大ホールの広々とした音の空間に溶け込んで、舞台とい…

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1176文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです