メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
イタリア・オペラの楽しみ

インタビューでつづる没後150年のロッシーニ・オペラ・フェスティバル② テノールたちの華やぎ、「アディーナ」のマジック

「リッチャルドとゾライデ」より、リッチャルドを歌うフアン・ディエゴ・フローレス (C)Amati Bacciardi

香原斗志

 8月、ペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティバル(ROF)で上演された「リッチャルドとゾライデ」でのフアン・ディエゴ・フローレスの歌唱が、非の打ちどころがなかった旨は前回述べた。2年前、同じROFで歌った「湖の女(湖上の美人)」のジャコモ5世は、やわらかさも高音の輝きも若干あせていたように感じたが、今年の彼の歌は柔軟で輝いていた。

 近年、ドニゼッティやヴェルディ、マスネやグノーなどにレパートリーを広げているフローレスだが、今もロ…

この記事は有料記事です。

残り3174文字(全文3397文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 妻のがん闘病支えるパキスタン人男性 在留特別許可求め提訴 

  4. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  5. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです