メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

インタビューでつづる没後150年のロッシーニ・オペラ・フェスティバル② テノールたちの華やぎ、「アディーナ」のマジック

「リッチャルドとゾライデ」より、リッチャルドを歌うフアン・ディエゴ・フローレス (C)Amati Bacciardi

 8月、ペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティバル(ROF)で上演された「リッチャルドとゾライデ」でのフアン・ディエゴ・フローレスの歌唱が、非の打ちどころがなかった旨は前回述べた。2年前、同じROFで歌った「湖の女(湖上の美人)」のジャコモ5世は、やわらかさも高音の輝きも若干あせていたように感じたが、今年の彼の歌は柔軟で輝いていた。

 近年、ドニゼッティやヴェルディ、マスネやグノーなどにレパートリーを広げているフローレスだが、今もロッシーニの難役を余人には代えがたい水準で歌えるのだから、今後もっと歌ってほしい。そう思い、総裁兼芸術監督のエルネスト・パラシオと「リッチャルドとゾライデ」を指揮したジャコモ・サグリパンティに尋ねた。まず、フローレスの師匠でもあるパラシオの回答から。

この記事は有料記事です。

残り3053文字(全文3397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  5. インド南部で旅客機着陸失敗、17人死亡 滑走路で停止できず斜面落下

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです