メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(52)新芸と日本の音楽家Ⅲ 海野義雄

日本の国際派ヴァイオリニストの先駆けであった海野義雄

岩城宏之と新芸専属に

 「世界の海野」と呼ばれ、国際的に活躍したヴァイオリニスト、海野義雄(82)は、新芸術家協会(新芸)草創期から所属したアーティストの一人である。海野によれば、新芸の創立者である西岡芳和は当初、ヴァイオリニストの巌本真理やピアニストの井口基成などが所属していた音楽事務所「音楽芸術家協会」の仕事をしていたという。西岡が「新芸術家協会」の名前で事務所をスタートさせたのは1955年だが、60年までは「倒産」を経験するなど経営が不安定な時期で、他の事務所の仕事も「兼業」していたのかもしれない。

 「当時僕はNHK交響楽団のコンサートマスターになりたてで忙しい時期でしたが、時々音楽芸術家協会から…

この記事は有料記事です。

残り2476文字(全文2781文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  3. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  4. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  5. 合成麻薬、大麻所持の疑いで中3女子逮捕 「ネット通じ購入」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです