メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
「新芸」とその時代

(52)新芸と日本の音楽家Ⅲ 海野義雄

日本の国際派ヴァイオリニストの先駆けであった海野義雄

岩城宏之と新芸専属に

 「世界の海野」と呼ばれ、国際的に活躍したヴァイオリニスト、海野義雄(82)は、新芸術家協会(新芸)草創期から所属したアーティストの一人である。海野によれば、新芸の創立者である西岡芳和は当初、ヴァイオリニストの巌本真理やピアニストの井口基成などが所属していた音楽事務所「音楽芸術家協会」の仕事をしていたという。西岡が「新芸術家協会」の名前で事務所をスタートさせたのは1955年だが、60年までは「倒産」を経験するなど経営が不安定な時期で、他の事務所の仕事も「兼業」していたのかもしれない。

 「当時僕はNHK交響楽団のコンサートマスターになりたてで忙しい時期でしたが、時々音楽芸術家協会から…

この記事は有料記事です。

残り2476文字(全文2781文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 妻のがん闘病支えるパキスタン人男性 在留特別許可求め提訴 

  4. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  5. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです