メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

「総合芸術」の呼び名にふさわしい二つの「椿姫」〜ルクセンブルクとパリ

ルクセンブルクで上演されたロバート・ウィルソン演出の「椿姫」(C)Lucie Jansch

 19世紀のパリを舞台に、高級娼婦(しょうふ)とブルジョワ青年の悲恋を描いたヴェルディの「椿姫」は、オペラ界きっての人気作である。ヒロインが「世間体」を守るために犠牲を強いられる物語は古臭く感じられないでもないが、世間=社会と個人の幸福の対立というテーマは普遍的なので、時代や設定を読み替える演出にもなじみやすい。

 この10月、ヨーロッパで、それぞれ個性ゆたかな「椿姫」のプロダクションを二つ、体験することができた…

この記事は有料記事です。

残り4419文字(全文4627文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです