メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

満20年を迎えた東京オペラシティ「B→C」シリーズ

12月の同シリーズに出演する高野麗音 (C)Mami Yasui

 東京オペラシティ・リサイタルホールを舞台としたユニークな演奏会シリーズ「B→C(ビー・トゥー・シー)」(東京オペラシティ文化財団主催)が2018年度で満20年を迎えた。これまでに200人を超える若手アーティストが出演。プログラムにJ・S・バッハ(B)とコンテンポラリー(C)の作品を入れるという約束事はあるが、自由に選曲したチャレンジングなプログラムはまさに千差万別。聴く側にとっても未知の作品との出合いや新たな才能の発見の場となり、音楽ファンにとって目の離せないシリーズとして定着している。                            【野宮珠里】

 B→Cは、若手の日本人アーティストに発表の場を提供する目的で、1998年4月からスタートした。毎年25人程度の候補者に、各自の演奏を収めた音源とプログラミングに関するリポートを提出してもらい、それを基に選定委員会が審査し最終的な出演者(毎年10回開催)を決定している。20年間の出演者の顔ぶれを見ると、今や日本の音楽シーンに欠かせない実力派がずらりと並ぶ。同財団の澤橋淳プロデューサーは「バッハと現代曲の両方を一つのコンサートの中で演奏することは、出演者にとってかなりヘビーで、守備範囲が広くなければ難しい。一方で、日ごろの『仕事』ではなかなかできないチャレンジも思い切りできる。B→Cへの出演は演奏家として新たな道を切り開くきっかけにもなっている」と語る。

 例えば、2015年度に出演した三味線の本條秀慈郎(ほんじょう・ひでじろう)は、文字通り三本の絃(げん)でバッハに挑戦。邦楽器独特の奏法を封印し、西洋の楽器のように音程を機械的に出すところから始めた。スタッフもサポートし、何度も録音を取りながら工夫を重ね、2度目のノミネートでようやく出演が実現した。リサイタルでは「音楽の捧(ささ)げ物」や「無伴奏チェロ組曲」などのバッハ作品の他、現代曲も多数演奏し…

この記事は有料記事です。

残り1227文字(全文2040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです