メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

二人の名歌手が語った「ファルスタッフ」の魅力~デ・カンディア&メイインタビュー

デ・カンディア(ファルスタッフ)とメイ(アリーチェ)の稽古風景

 今月はロッシーニ・オペラ・フェスティバル(ROF)の第3段を予定していたが、この12月に新国立劇場で上演される「ファルスタッフ」の主役二人にインタビューできたので、ROFは来月に回し、「ファルスタッフ」の話を届けたい。

 このオペラを書き上げたとき、ヴェルディはすでに79歳だった。しかし、時代を代表する教養人で台本作家としての才能が最高度に開花していたアッリーゴ・ボーイトとの親密な共同作業を経て、詩句に音楽がこまやかかつ俊敏に応える絶妙の喜劇を書き上げた。フレーズは声、重唱、オーケストラへと自然に継がれ、その間、効果的な響きやハーモニーに彩られて、風刺を含む音型が無数に生み出され、色彩的な管弦楽と絡みながら言葉の隙間(すきま)を埋めていく。千変万化する音楽の洗練を極めた語法はすこぶる魅力的だが、それは同時に、演奏の難しさにつながるし、このオペラの潜在力は並大抵のことでは引き出せないということでもある。

 しかし、今回タイトルロールを歌うロベルト・デ・カンディア(バリトン)と、アリーチェを歌うエヴァ・メイ(ソプラノ)の話を聞くに、理想的なパフォーマンスになると確信するほかなかった。二人が名歌手であるのは議論の余地がないが、加えて解釈が実に的を射ていたからである。デ・カンディアの話から始めたい。まずは「ファルスタッフ」を歌ってのキャリアについて。

この記事は有料記事です。

残り2910文字(全文3491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです