メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

二人の名歌手が語った「ファルスタッフ」の魅力~デ・カンディア&メイインタビュー

デ・カンディア(ファルスタッフ)とメイ(アリーチェ)の稽古風景

香原斗志

 今月はロッシーニ・オペラ・フェスティバル(ROF)の第3段を予定していたが、この12月に新国立劇場で上演される「ファルスタッフ」の主役二人にインタビューできたので、ROFは来月に回し、「ファルスタッフ」の話を届けたい。

 このオペラを書き上げたとき、ヴェルディはすでに79歳だった。しかし、時代を代表する教養人で台本作家としての才能が最高度に開花していたアッリーゴ・ボーイトとの親密な共同作業を経て、詩句に音楽がこまやかかつ俊敏に応える絶妙の喜劇を書き上げた。フレーズは声、重唱、オーケストラへと自然に継がれ、その間、効果的な響きやハーモニーに彩られて、風刺を含む音型が無数に生み出され、色彩的な管弦楽と絡みながら言葉の隙間(すきま)を埋めていく。千変万化する音楽の洗練を極めた語法はすこぶる魅力的だが、それは同時に、演奏の難しさにつながるし、このオペラの潜在力は並大抵のことでは引き出せないということでもある。

 しかし、今回タイトルロールを歌うロベルト・デ・カンディア(バリトン)と、アリーチェを歌うエヴァ・メ…

この記事は有料記事です。

残り3030文字(全文3491文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです