メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

庄司紗矢香のシベリウス・バイオリン協奏曲 音と色がもたらす自由=梅津時比古

=林喜代種撮影

 演奏家にとって音色は、いつになっても完成ということはなく、常に追求し続けるものに違いない。それにしても、音楽的にも、名声という皮相的なものにおいても、世界で確固たる地位を確立したバイオリニストの庄司紗矢香が、さらに根本的な奏法の変革を目指しているように思われる姿に驚き、打たれた。

 来日したサンクトペテルブルク・フィルハーモニーの公演は指揮者のユーリ・テミルカーノフが健康上の理由で降板し、副指揮者のニコライ・アレクセーエフに変更された(11月12日、サントリーホール)。ゲストの庄司は多くの協演をテミルカーノフと行っていただけに、思いの異なるところはあっただろう。

 庄司が取り上げたのはシベリウスのバイオリン協奏曲。静けさを極めたオーケストラの前奏の中から湧きあが…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1220文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  4. 人気の「金沢21世紀美術館」休館へ 混雑緩和へ改修工事

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです