メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

ノット&東響の「フィガロの結婚」 ダ・ポンテ三部作がついに完結

ノット(指揮)とマルクス・ヴェルバ(フィガロ) 撮影:池上直哉 提供:東京交響楽団

 ジョナサン・ノット&東京交響楽団がモーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」を演奏会形式で上演した(12月7日ミューザ川崎シンフォニーホール、9日サントリーホール、取材は9日)。東響が音楽監督ノットとともに2016年の「コジ・ファン・トゥッテ」から1年に1作ずつ取り上げてきたモーツァルトのダ・ポンテ三部作が今回の「フィガロの結婚」で完結されたのである。

 この三部作では、国際的に活躍する歌手たちが招聘(しょうへい)され、舞台セットは組まないものの、歌手…

この記事は有料記事です。

残り1903文字(全文2129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 最長政権 /4 正念場の領土、拉致

  4. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです