メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

ノット&東響の「フィガロの結婚」 ダ・ポンテ三部作がついに完結

ノット(指揮)とマルクス・ヴェルバ(フィガロ) 撮影:池上直哉 提供:東京交響楽団

 ジョナサン・ノット&東京交響楽団がモーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」を演奏会形式で上演した(12月7日ミューザ川崎シンフォニーホール、9日サントリーホール、取材は9日)。東響が音楽監督ノットとともに2016年の「コジ・ファン・トゥッテ」から1年に1作ずつ取り上げてきたモーツァルトのダ・ポンテ三部作が今回の「フィガロの結婚」で完結されたのである。

 この三部作では、国際的に活躍する歌手たちが招聘(しょうへい)され、舞台セットは組まないものの、歌手…

この記事は有料記事です。

残り1903文字(全文2129文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 体育館トイレ個室の壁が倒壊 女性下敷きで重傷 香川
  4. AAA浦田容疑者逮捕 所属事務所が公式HPで謝罪
  5. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです