メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

公共ホールの役割

沼尻竜典氏

 滋賀県大津市のびわ湖ホールが昨秋、開館20年を迎えた。県立施設として総工費約245億円で建設された「関西のオペラの殿堂」は財政危機で存続が危ぶまれる時期もあったが、来場者は累計500万人を超えた。少子高齢化や東京一極集中が進む日本で、公共ホールが地方の文化振興・発信に果たす役割とは。【聞き手・濱弘明】

この記事は有料記事です。

残り2757文字(全文2909文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  4. 「海外旅行に行けないけれど食べたい」 機内食販売が人気 ANA、JAL

  5. 新型コロナ 東京都内で新たに1274人の感染確認 重症者は最多を更新

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです